スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム開始

2012年7月1日。
Takafumi Ogura監督、ついにFM2013の大地に立つ!

監督就任
ネクタイをキリリと締めて仕事に向かう、できる男Ogura。

率いるのはイングランドのリーグ1(3部相当)ノッツ・カウンティ。
就任のご挨拶に会長を訪ねると、さっそくクラブの歴史を教えてくれた。

クラブの歴史 その1
クラブの歴史 その2

創立150年の記念すべき年に、こんな無名日本人監督を抜擢するとは・・・。
会長さん、あなた、チャレンジャー過ぎるでしょw
しかしそのお気持ち、しっかり受け止めましたぞ。


会長から目指す成績を聞かれ、「中位以上」を設定。
自分の中の大まかな目標としては・・・

(1)5年目までにプレミアリーグへ昇格
(2)8年以内にヨーロッパのコンペディションへ出場
(3)10年目までにチャンピオンズリーグ出場


この3つを目標としてゲームを進めたいと思っています。
今シーズンは、来期以降にむけての整備の年というところですかねー。
(2)と(3)が一度に達成できたらいいんですけどね。
そもそも、こんな計画通りにうまくいくかなあ・・・。


まずはスタッフ能力から確認。
んー、練習効果を示す星の数が、どのコーチも2つどまり。
スカウトも最大6人雇用できるのに、能力が低い1人しかいない。

よし、ここは全員クビにしよう。(ゲス顔)

ち、ちゃんと相互契約打ち切りにして違約金払ったし!
納得した上での円満な退団だし!

とは言うものの、練習効率が星3.5レベルのコーチを雇うのが精一杯。
スカウトも潜在能力、現在能力を見る目が高い人が来てくれない・・・。
そこまで高い能力の人は、お話は聞いてくれるんだけど契約には至らない。

そう、お金がないので能力に見合った給料が払えない。
貧乏ってツライね、母ちゃん。(´・ω・`)


ない袖は振れないので、そこは仕方ないとあきらめも重要。
本当はもうひとりコーチを雇いたかったんだけど、なかなかいいコーチが見当たらず、枠をひとつあけてシーズンへ臨むことになりました。
それでも現状で満足できる人員と質は用意できたのではないかと自画自賛。

notts_staff.jpg
リザーブとU-18監督も変えたいけど、とりあえずゲームを先に進めてみる。

今シーズンはこのようなフロント・コーチングスタッフで乗り切りたいと思います。


続いて選手を確認。

・・・なんだ、この薄い選手層はw

目を引く選手はいるものの、怪我などで離脱すると一気に弱体化しそうなレベルの選手しかいねえ。
そもそもレギュラークラスの選手がいないポジションもあるし。
そして移籍金が615K、つまり60万ちょっとしかない。
もはや移籍金なんて払える状態じゃないwww


ということで、契約が切れたフリーの選手を探し、足りないポジションを埋めていくことに。
悪戦苦闘しながら集めた選手の紹介は次回(の予定)。


今回はこれまでに。

プレイ日記はこのチームから

さて。


先日の日記でゲームを始める前の準備はあらかた終わりました。
で、どこで監督をはじめるのか、ですが・・・。


いろいろ考えましたが、やはりここから始めてみようと思います!

ノッツカウンティ チーム概要

ノッツ・カウンティFCです。
もっと下位のリーグから始めようかと思いましたが、最初の日記でどうなるのかわからないし、FM2013も初心者なので・・・初志貫徹。徹頭徹尾。付和雷同。(なんかちがう)
まあ、いいんじゃないですかね、これでw
成り上がりプレイはしばらくたってからのお楽しみ。


時間がないなりに少しずつ進めていこうと思ってるのですが、これまでのシリーズ同様、最初にやることが多くて苦労してます。
スタッフの入れ替えが必要なところは容赦なく首を切りw、少しでも能力が高いスタッフを迎え入れてますが、新しい役職が増えたこともあってひとつひとつ確認しながらになってますね。


それよりもノッツ・カウンティは選手層がなあ。
どのポジションもひとり怪我人が出たら終わり、というぐらいスッカスカ。
そのわりに給与予算はカツカツだし、選手検索に時間をかけてしまってゲーム内の日付が進んでないwww


うまくいかなくても、それはそれで日記のネタになっておもしろいじゃないか!ぐらいの気持ちでやっていきたいと思います。(`・ω・´)


次回はノッツ・カウンティでともに戦う選手の紹介をする予定です。
・・・よ、予定なので、うまく行かなかったらゴメンナサイ・・・。


【以下、迷える子羊のために】

skin(スキン)を導入してみませんか?

ようこそ!
半額セールで購入したのに、いまだにゲームを始められない監督のブログへ!



年度末進行で死んでおりますですどうも。
そうは言っても更新しないのはどうかと思って、ちょっとした小ネタ。


「skin」(スキン)ってご存知でしょうか?
簡単に言えば、ゲームの表示画面をカスタマイズしたものといったところかな。
ちょっと画像で説明したいと思います。
イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドを例にしてみましょうか。

(このゲーム画面はフェイスパックやロゴパック、ユニフォームキットを導入しています。実際にはロゴも選手の顔写真もユニフォームも表示されません。あしからず)

ダークスキン マンUチーム画面

これがデフォルトのマンチェスター・ユナイテッドのチーム画面。
これを「Steklo X3」というスキンに入れ替えてみると・・・
(スキン導入に当たって日本語化してます。「Steklo X3」は日本語非対応なので、簡単な手順を追記で書いてます)

Ste マンUチーム画面

と、こんなふうに変わります。


もう少しゲームを進めて確認してみましょう。
マンチェスター・ユナイテッド所属、香川真司選手のステータス画面です。
上がデフォルトスキン、下がSteklo X3になります。

ダークスキン 香川ステータス画面

Ste 香川ステータス画面


どうでしょうか?画面の印象が変わりますよね。
このように、skinを変えて楽しむのもこのゲームの魅力。
個人的にはデフォルトのダークverも好きですが、このSteklo X3もなかなかのかっこよさだと思ってます。


このほかにも多くのskinを有志の方がアップしてくれています。
sortitoutsiFM-Baseのskinsページをのぞいてみると楽しいかも。

いよいよプレイ日記開s・・・あれ?

さ、それではデモ版ではありますが、はりきってプレイ日記を始めましょう!


と思ったら・・・


Steamのトップページに目が釘付けになりました。( ・ω・)


Steam Top

な・・・なん・・・だと?( ;´・ω・)


Steam Top 加工


( ;゚д゚)


Steam small


このタイミングで半額セール!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



まあ・・・正直言ってですよ。
実はセールがまだ先になると思ってたので、デモ版のプレイ日記を少し書き溜めてたんですよね。
それがムダになっちゃったなあw


おまけに製品版をポチったら、デモ版がきれいに消えちゃった。(´・ω・`)
デモ版日記を続けたくても続けられないっていうね・・・。
これはきっと!「製品版でプレイ日記を始めよ」との神のお告げなのですね!!ナイテナイヤイ


さあ、と言うわけでですね。
あらためて製品版でプレイ日記を始めさせていただきます。
仕事の都合があってちょっと間が開くかもしれませんが、あらためてよろしくお願いします。

古豪復活を胸に(後編)

さて、前回日記で予告したとおり、ノッツ・カウンティで監督業を始めようと思います。
本格的なプレイ日記まで引っぱりすぎてる気もするけど(・∀・)キニシナイ!


スタート画面

日本語化にも成功して、無事スタート画面が出てきました。
サムネを見てもらえるとわかりますが、このゲーム、ふたつのゲームモードがあります。


フルシミュレーションモード(選択肢の上)はこれまで同様のゲームモードです。
一から十までチームにかかわりゲームを進めます。
時間はかかりますが、監督の醍醐味を感じられるモードではないでしょうか。


一方のクラシックモード(途中で切れてしまってますが選択肢の下)。
こちらはゲームでできることを簡略化したモード。
そのためサクサクとゲームを進めることができます。
どうしても時間がかかるゲームなので、なかなか時間が取れない社会人の方にはうれしいモードですよね。


正直、時間的になかなか厳しい時期(年度末は大変なのよ)ですが、ここはフルモードでやりましょう。(`・ω・´)


国選択

続いて国を選択します。
こちらも前記事で書きましたが、デモ版では選べる国があらかじめブロック単位で決められています。
製品版では好きなだけ選択できますが、ここは我慢。
ノッツ・カウンティが所属しているイングランド(画像では「england」)を選択します。


≪PREVNEXT≫
プロフィール

ふっと

Author:ふっと
「Football Manager」に魅せられた初心者が、思わず足を踏み入れた世界で四苦八苦するプレイ日記。
ゲーム中では「小倉貴文」(Takafumi Ogura)として生きていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新コメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。